2017年6月6日更新

ウェイパーとは?成分に含まれている化学調味料について

ウェイパーって調味料ご存知ですか?家庭でつくる中華料理の味の素として活躍してくれる調味料なんですよ。しかしウェイパーの原材料の成分に含まれている化学調味料に心配の声も上がっています。そこでさっそくウェイパーの成分について調べてみました。

  1. 目次
  2. ウェイパーとは
  3. ウェイパーの原料料は?
  4. ウェイパーの使い方
  5. ウェイパーを作っている会社
  6. ウェイパーの成分の化学調味料の危険性
  7. ウェイパーを使って家庭で中華料理を美味しく食べよう

ウェイパーとは

スーパーの中華料理の調味料のコーナーで売られているウェイパー。漢字二文字で「味覇」と書きます。「高級中華スープの素」とうたっているように、家庭で本格的な中華料理の味をだすための中華の万能調味料です。

中華料理にはよく鶏がらスープやシャンタンスープも味の基本に使われますが、これらの旨みは鶏ガラだけが旨みの素になっているのに対して、ウェイパーは旨みを出せるエキスに調味料を混ぜ合わせて作った合成調味料なんです。

ウェイパーの原料料は?

ウェイパーの原材料は鶏エキス、豚エキス、野菜エキス、食塩、砂糖、小麦粉、調味料(アミノ酸など)、動物性油脂、乳糖、スパイスです。缶に入った固形タイプそして最近はチューブに入った半固形タイプのものがあります。

ウェイパーの使い方

チャーハンやスープ、餃子や炒めものなどの中華料理のほか、おでんの出し汁やカレー、ペペロンチーノなどにも使われます。ウェイパー一つで中華飯店同様の本格的中華の味が出せる調味料として、一般家庭で使われています。

ウェイパーを作っている会社

ウェイパーは中華料理の味付けに使う万能調味料ですが、実は日本の会社が販売してる調味料なのです。日本人の味覚に合うように、日本人向けに作られた中華の万能調味料なのです。

ウェイパーの製造会社って

兵庫県神戸市にある株式会社廣記商行がウェイパーの販売元です。正式にいうとそもそもは京都市にある創味食品から1961年に業務用の中華の万能調味料として販売された「シャンタンDX」の商品を、廣記商行が1981年にOEM生産したのです。わかりやすく言うと創味食品のブランド製品である「シャンタンDX」を、廣記商行が一般の家庭用の中華料理の万能調味料として販売したものがウェイパーです。

しかしながら創味食品と廣記商行の間には当時正式な契約が交わされておらず、当初から相互の会社間には認識のずれがありました。そのため双方の会社の間では色々な意見の相違がありました。2014年に廣記商行がウェイパーのチューブタイプにものを販売したことがきっかけとなり、2015年に創味食品はウェイパーの出荷にピリオドを打つことにしました。

これを機にその翌年創味食品は、これまで業務用の「シャンタンDX」のほかに、ウェイパーと同じレシピで一般家庭用として「創味シャンタンDX」という商品を作って販売開始しています。そのため廣記商行は別の製造会社に委託してウェイパーを引き続き販売することになりました。このことでウェイパーの味が元来のものと少し変わったと言われます。元来の味は現在創味食品から販売さえている「創味シャンタンDDX」がその味を出しているそうです。

ウェイパーの成分の化学調味料の危険性

ウェイパーの原材料の調味料にはアミノ酸が含まれています。化学調味料の代名詞といわれる味に素と同じ成分のアミノ酸は、その旨み成分にグルタミン酸ナトリウムが成分となっています。味の素が体に危険な調味料として心配されている点は、このアミノ酸の成分のグルタミン酸ナトリウムに害があると考えられているからです。その味の素と同じ成分のアミノ酸がウェイパーに含有されていることで、ウェイパーにも危険性あるのではないかと心配されています。

アミノ酸の成分グルタミン酸ナトリウムとは

アミノ酸の成分であるグルタミン酸ナトリウムは料理の旨み成分となる調味料ですが、脳内に強く作用してしまい、濃い味に慣れてしまうような味覚障害などの中毒症状を引き起こすと心配されている物質です。濃い味に慣れてしまうようになると体に塩分を多く摂取してしまいます。食品に塩を使いすぎるとしょっぱくて食べることができませんが、グルタミン酸ナトリウムはある程度の分量になるとしょっぱさを感じなくなり同じような辛さしか感じなくなるため食べ過ぎてしまい、結局グルタミン酸ナトリウムを過剰摂取してしまうことになってしまうのです。

過剰摂取してしまうと、高血圧症、アレルギー、ぜんそくなどを引き起こす原因になってしまいます。そのほか片頭痛、顔面の紅潮、体の疲れなどの原因も心配されています。研究結果で欧米に比べてアジアでは緑内障の発症が多いけれど、その原因はグルタミン酸ナトリウムの摂取量がアジア人の方が多いからではないかなどとも言われています。

ウェイパーの安全性

現在ウェイパーの原材料の調味料にアミノ酸が含まれていて、アミノ酸の成分であるグルタミン酸ナトリウムが体にきたす害が心配されていますが、グルタミン酸ナトリウムの含有量は国の機関(世界保健機構(WHO)など)が実験を重ね、人体に害が及ばない一日の摂取許容量を定め使用量を規定しています。過剰摂取にならない限り、体への害は心配ないというのが国の考えであり、家庭で適度に使う分には心配には及ばないという見方をされている中、健康食品にこだわりのある人からは疑問の声が上がるのも事実です。

ウェイパーを使って家庭で中華料理を美味しく食べよう

家庭で中華料理を作るのは欠かせない調味料ウェイパーは、肉や野菜のエキスや塩分や化学調味料などを加えて作った合成調味料です。原材料の調味料に心配の声も寄せられますが、お料理の時に食材が本来持っている旨みを上手に使い、なおかつウェイパーを程よく使って上手に調理すれば人体への危険はないと言われます。上手にウェイパーの旨み成分を利用して美味しい中華を家庭で堪能してください。