2017年11月27日更新

キジハタの値段やキジハタを使ったお料理

キジハタ

キジハタという魚をご存じですか?人気が高い故に幻の魚として認識されているキジハタは赤い斑点が特徴の魚です。鍋や煮付け、刺身や塩焼きなどあらゆる料理に合うとされますが、肝心の味や値段、価格の相場がいまいち分かりません。そこで今回はキジハタの生態から価格の相場まで詳しくご紹介します。

  1. 目次
  2. キジハタという魚
  3. キジハタのおいしい時期
  4. キジハタのおすすめ料理
  5. 高級魚のキジハタ…価格の相場は?
  6. キジハタは高級魚

キジハタという魚

釣り人にはお馴染みのキジハタ。スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜目マハタ属に分類されます。

キジハタの身体の表面には縦に伸びる茶色の線があり、その上からさらに赤い斑点がポツポツとある見た目では毒を持っていそうな魚に見えます。尾びれには広がりはあまりなく、日本では青森県以南~沖縄までの温かい沿岸域に分布している魚です。頭の部分は比較的細めではありますが、身体に向かっていくにつれてぼってりと胴体が太くなっているのも特徴的と言えます。

キジハタという呼び名の由来

キジハタという魚は珍しい名前に感じますよね。まるで鳥にちなんだようにも受け取れますが、キジハタの名前の由来となっているものはまさしく鳥である「キジ」の羽の色と、この魚の目の色が似ているからだとされています。

鳥のキジの羽は鮮やかな緑色をしており、そんな綺麗な色をしているキジハタの目は釣り人を魅了する目だと言えます。そんなキジハタは地方によっても呼び方が様々あり、関西では「アコウ」、山陰では「アカミズ」などという愛称で呼ばれています。

キジハタをもっと良く知ろう

キジハタの生態で驚くべき点は、生まれたときは全てメスだということです。生まれた時にオスはいませんが、成長していくにつれて一部のキジハタがオスに変化するという珍しい特徴を持っています。

キジハタがオスかどうか見分けるためには体長が40cm以上ほどの大きいキジハタはオスに変化することが確認されています。

一昔前は釣り人の間で「幻の魚」として人気を誇ってきたキジハタですが、なぜそう呼ばれるようになったかというと、生息場所が限られ、狙っても中々釣れないことで釣り人の頭を悩ませていました。しかし、日本海側では生息するキジハタも多くいますので釣れる時期やポイントなどをしっかりと押さえておけば思いのほか入れ食いになる場面もあるのだとか。

釣りを楽しみながらキジハタを釣り上げたい場合は生態を知り、いつどこで釣れるのか把握しておくとスムーズにキジハタを見られるかもしれません。

キジハタのおいしい時期

キジハタが最もおいしく食べられる旬の時期は春~夏にかけてです。この時期のキジハタは脂も乗り、食感とともに楽しめますが、1尾まるごとで購入した際は下準備としてウロコ処理に注意しましょう。キジハタのウロコは小さく、皮に埋まっていることもあるので、すき引きなどをして綺麗に取り除きます。

また、キジハタは出汁も良く取れるため、味噌汁にしたり、他にも唐揚げなどにしても良いでしょう。透き通った身と絶品の味や食感は一度食べたら病みつきになること間違いなしです。

キジハタのおすすめ料理

水族館でも姿を見かけたことがあるキジハタはいかつい見た目とは裏腹に身が綺麗なことが評価され、お刺身などにもされています。

キジハタはハタ科に分類される魚ですから、ハタ科と相性の良い鍋物などにも抜群に役目を果たしてくれるでしょう。ハタ科の魚は鍋物としての料理が周知されていますが、キジハタは他にも酒蒸しにしたり、煮付け、塩焼きなどにしてもおいしく食べることができます。

特に刺身にしたキジハタは透き通った身が非常に綺麗で、飾りなどがなくても十分に目を楽しませてくれるほどです。また、洋食にする場合はお馴染みのソテーにしてみたりと、和洋問わずに広く料理に使うことができる魚でもあります。

また、キジハタの味ですが、脂が乗っていることはもちろん、甘みも大いに感じられる身を持ち、箸でつつけばすぐにホロホロと取れてしまうほど繊細な食感と味があります。骨も比較的少なめでクセもないため、食べやすい白身魚と感じられるでしょう。

キジハタ鍋

三枚におろしたキジハタの骨をあぶる。身はスライス。
お好きなその他の具材と一緒に鍋で炊く。皮がプルプルで絶品ですよ!

骨は一度あぶった方が臭みも取れて美味しいダシがとれます。ただキジハタだけのダシだと少し物足りないので、火を入れる前に昆布でだしを取りましょう!

キジハタの酒蒸し

<材料>

  • キジハタ
  • ショウガ 適量
  • 酒 適量
  • 昆布 適量
  • 長ネギ 適量

<作り方>

  1. キジハタのウロコを落として、内臓・えらを取る。(キジハタはえらの横にしっかりしたトゲがあるので注意しましょう)
  2. 蒸す皿に昆布を敷き詰め酒を回しかける、キジハタを乗せる。
  3. キジハタの上にスライスした生姜を乗せる。
  4. キジハタの周りにあぶったネギを配置。
  5. 蒸す。(大きさにもよりますが大体15、6分くらい)

鍋もおいしいですが酒蒸しもおいしいです。酒蒸しした身と汁?にダシをプラスしてお茶漬け風にして食べるのが大好きです。

高級魚のキジハタ…価格の相場は?

味や食感は抜群においしいキジハタですが、そんなおいしさも高級魚であるが故でしょう。一般的に購入しようと思ったら値段はどれくらいになるのでしょうか。価格の相場が気になります。

キジハタはやっぱり高級魚

キジハタの価格の相場ですが、1キロあたりで約3000円程度。活魚である場合はさらに値段が上がって5000~7000円ほども価格が上がることがあるようです。

しかし、大きさがあればあるほど価格も上がるのが魚の取引です。2キロを超えるような大型のキジハタの場合は1キロで10000円もの値段になることもあるため、キジハタはやはり高級魚と言わざるを得ない魚でしょう。

キジハタは高級魚

広く高級魚として扱われているキジハタは高級であるため、中々手に入りづらい魚です。しかし、一度食す機会があればその絶品さについほころんでしまうほどです。入手しづらい魚ではありますが、手に入れる機会がありましたら是非一度キジハタの料理を楽しんでみてくださいね。