2018年3月12日更新

カジカという魚の料理。味噌汁や肝和え・卵の醤油漬けなど

カジカ

カジカという魚は料理として卵の醤油漬けや肝和えがおいしいと評判です。海に生息するカサゴに似ているカジカはドンコという魚とも混合されやすいですが、稚魚はペットとしても飼育されています。味はおいしく、味噌汁や刺身、煮付けにしてもばっちりです。そこでカジカの旬や値段、種類や鳴き声などもご紹介します。

  1. 目次
  2. カジカってどんな魚?
  3. カジカはどんな味?料理は何がおいしいの?
  4. カジカの旬と値段について
  5. カジカは思ったより料理向けの魚

カジカってどんな魚?

知る人ぞ知る魚のカジカ。見た目はインパクト大でお化けのような風貌をしているため、お世辞にも食欲をそそられるとは言えない魚です。そんなカジカという魚はスズキ系スズキ目カジカ亜目カジカ科カジカ属に分類され、いかついようなごつい顔付きは一度見たら忘れられないほどです。しかし、カジカは見た目とは裏腹に馴染みがある魚でもあり各地で親しまれています。

また、カジカには小卵型と大卵型の種類がおり、大卵型のカジカは卵から孵化したあと小さい姿をしているものの、いきなりカジカのようなはっきりとした形をして生まれてきます。ところが小卵型のカジカは孵化したシラスのような小さく透明の姿で生まれ、稚魚が一旦海に下がって水の中で浮遊生活を送ったあと、立派なカジカの姿になってから川を遡ります。カジカと一口に言ってもこのような違いがあるため、カジカはそれぞれの個体によって棲む環境が異なることもあります。

さらにカジカはときにギギギギ…という鳴き声を発する面白い魚でもあります。

カジカの生息地

上記でもお伝えした通り、カジカは淡水魚と海水魚に分かれる魚としても周知されています。主に生息する地域は渓流地で山間の河川から海岸付近の水深1000mを超える深海までに息を潜ませている魚です。もちろん浅瀬にもこのカジカは生息しており、浅い場所であれば水深50m~300mの場所にもカジカはいます。水の温度が低く、水の質が綺麗な場所を好む魚でもあるため、岩礁地帯にも生息しています。

日本の地域では北海道南部以南の各地に生息しており、川底の砂利に身を置くことが多く、小卵型は中流域や下流域におり、上流域には大卵型が生息しているようです。

ドンコとの違い

ごついいかつい姿が似ているカジカとドンコ。どちらも淡水魚であるため、余計混合されがちになっているようですが、ドンコはスズキ目ドンコ科に属する淡水魚である一方で、カジカはカサゴ目カジカ科に属する淡水魚です。

分類的にも異なるこの二種の魚はそれぞれ見た目にも違いがあります。カジカはウロコがなく、尾びれが角ばっており、各びれはドンコよりも長いのが特徴です。しかし、ドンコはウロコがあり、尾びれは丸まって個体によっては体長が20cm以上になることがあります。

【関連リンク】
どんこ(エゾイソアイナメ)という魚のオススメ料理。刺身や肝も美味しいぞ!

カジカはどんな味?料理は何がおいしいの?

カジカは淡水魚と海水魚に分けられ種類がありますが、味はおいしいのでしょうか。また、カジカの味を最大限生かす料理についても知っておきたいところですから相性の良い料理とイメージしやすい味わいについても見ていきましょう!

カジカの味わい

カジカをまだ食べたことがないという方は味が良いのかどうかも分からないカジカという魚ですが、カジカは実際に食べてみると淡白でクセもない味わいをしています。見た目ではクセが強そうと感じられることもありますが、食べてみるとクセのなさに驚く方もいるようです。また、カジカは身に旨みが詰まっているため、出汁を取る際には非常に重宝します。おいしい出汁が出るカジカは味噌汁としての食べ方も人気です。

カジカの料理

カジカの味噌汁

カジカがおいしい料理は刺身や煮付け、肝和えや味噌汁などといった料理でしょう。魚料理の中では定番ですが、これがまた他の魚とは違った味わいに感じられます。淡白でもコクがあるカジカは素材の味はそのままに旨みを最大限出してくれるため、様々な料理に合うのです。

また、カジカの料理は他にも焼き物や酒、唐揚げなどにする調理の仕方もあります。炭火であぶったカジカはお酒のおつまみに最高ですし、炭火であぶったカジカを干しても良い出汁が取れるようになります。

カジカの旬と値段について

カジカの味やおいしさ、そして料理のしやすさが分かったところで次はカジカのおいしいとされる旬の時期や値段について触れていきます。カジカのことを更に良く知ることによって今後どうカジカを生かすか、そしていつ頃購入すれば良いのかの目安にもなります。

カジカがおいしい旬とは

カジカの卵

カジカがおいしいとされている時期は9~1月頃の秋から冬にかけての季節です。寒い時期には北海道などの地域でカジカ汁に料理されて多くの方の舌を楽しませているほどその味は美味です。

また、冬になるとカジカの卵も一緒に販売されていることもあるようで、楽しみ方がいくつもあるカジカは様々な方たちの舌を喜ばせています。

値段はいくら?

カジカの値段ですが、北海道産の真カジカであれば約1kgで3000円ほどです。近年ではカジカは高級魚と言えるほど中々手に入らず、値段が高騰している現状です。そのため、刺身にできるような鮮度が良いものはさらに高い値段になることが予想されるでしょう。どちらにせよ普段から常備しておけるような庶民向けの魚ではないと言えます。

カジカは思ったより料理向けの魚

見た目は怒っているような睨んでいるような顔付きをしているカジカですが、見た目とは裏腹に実に料理向けの魚であることが分かりました。おいしい魚であることに間違いないのですが、値段が高騰し、中々手に入らないような魚になりつつあるのでまだ口にしたことがないという方はお早めに購入を検討してみてくださいね。