2017年12月5日更新

カンパチという魚の旬や料理。値段や養殖についても

カンパチ

見た目にもおいしそうで脂が乗っていそうなカンパチという魚。ご存じの方も多いかと感じますが、何でも日本では高級魚として扱われているようです。よく知っているようで実はあまり知らない魚であるカンパチの値段や料理、旬な季節、他にも近年養殖が盛んな情報について迫っていきます。

  1. 目次
  2. カンパチってどんな魚なの?
  3. カンパチのおいしさ
  4. カンパチを使ったおすすめのお料理
  5. 養殖が広がるカンパチ
  6. カンパチの値段や旬な時期
  7. 知って得する美味なカンパチ

カンパチってどんな魚なの?

カンパチの分類はスズキ目アジ科ブリ属で、見た目からも脂がたくさん乗っていそうな印象を受けます。そんなカンパチは本州中部以南や東部大西洋を除いた世界中の熱帯や温帯域に分布している魚であり、カンパチの生息数が特に多い地域は関東以南の太平洋側や東シナ海などです。

また、カンパチはブリ属の最大種でもあり、体長は大型の個体になるとなんと2mを超えるものもあるそうです。この大型のカンパチは時に体重80kgにまで成長することもあるようで、身体の中央部分に1本の黄色い線が入っているのも特徴的です。一般的に周知されている魚らしい魚という例えが似合い、カンパチのフォームは腹が白く、ぷっくりとした印象を受け取ることができます。

特徴的な模様があるカンパチは水深20~70m程度の比較的浅い場所に生息しており、沿岸から外洋にかけて息を潜めています。浅い場所のみを好んでいるのかというとそんなことはなく、南の海域ではカンパチが水深60~350mの深い域にも生息していることがあります。

カンパチは仲間と群れを作り、回遊魚としてのカテゴリーになりますが、潮の流れが急速な岩礁帯などに着いたのち、個体が成長するほどにその場所に長い期間居続けるようになります。カンパチは群れを作ると述べましたが、ブリなどと比較するとそれほど多い群れを作る訳ではありません。カンパチであっても中には単独で活動している個体もいるそうです。

カンパチのおいしさ

カンパチの刺身

高級魚としての扱いではまだまだ知名度の低いカンパチですが、初めて口にする方はそのおいしさに驚くほど、強い旨みを持っているのがカンパチの魅力です。

中でも刺身にしたカンパチはまさに絶品と評されるほどで、刺身料理では王道のあのマグロを優に超す旨さだと言われています。

カンパチの味わいは魚臭くもなく、クセもないことでさらりとした食感で食べることができます。脂の乗りもしつこくないのにも関わらず、しっとりと舌に吸い付いてくるような舌触りを感じられるため、他の魚を食べたくなくなるほどです。

また、カンパチはそのままの状態のものでも十分においしく頂けますが、生食で絶品のものが食べたい時は一日程度経過したものを口にすると良いでしょう。時間を置くとカンパチの旨みがさらに引き立ちますので、よりおいしく楽しむことができます。

カンパチを使ったおすすめのお料理

ブリほどは知られていないものの、カンパチのおいしさは絶大な支持があります。新鮮なカンパチはコリコリとした食感で歯ごたえも抜群ですが、どういった料理にすればさらにおいしくなるのでしょうか。

カンパチの味が引き立つ料理

カンパチの料理では定番中の定番とも言える刺身はまさに絶品とも言える味で楽しむことができます。しかし、刺身の他にもカルパッチョなどの料理にしても相性が良いです。カンパチ自体の味は非常に淡白で、クセも全くと言って良いほど感じられないため、一見ためらってしまいそうな料理にアレンジしてみても問題ありません。

刺身としてわさび醤油で頂いてもOKですが、特にドレッシングを使った料理にするとおいしさが一層引き立ちます。他にも煮付けや焼き物、フライなどの揚げ物などにも相性良く食べることができます。

養殖が広がるカンパチ

カンパチは天然物の漁獲量が減少しているため、近年では養殖物のカンパチが広く展開されています。やはり天然物の方がイメージが良いため、人間の手にかけられた養殖物を毛嫌いする方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなイメージとは裏腹に、カンパチの養殖物は天然物に引けを取らない味わいになっています。

確かに天然物のカンパチの方がしっかりとした歯触りを確認することができますが、カンパチは漁獲量が少なく、成長が急ピッチで進んでいくため、養殖向けの魚と言っても良いほどの魚です。養殖と言ってもその技術はどんどん進化していっていますから、肩苦しく考える必要はないと言えるでしょう。

カンパチの値段や旬な時期

カンパチの値段は場所などによっても変わりますが、天然物のカンパチであれば1キロ1600円前後、取引されるカンパチのキロ数にもよりますが、例えば14キロ前後の非常に大きいカンパチの場合は1尾丸ごと購入しようとなると20,000円程度はするということになります。1キロで1600円前後も非常に高いため、カンパチは高級魚と考えて良いレベルでしょう。しかも養殖物のカンパチでも1キロ1200円前後となる場合があります。

また、カンパチの旬な時期は一般的な認識では夏から秋にかけての時期とされています。しかし、カンパチは年中水揚げが行われているため、天然物のカンパチをおいしく食べたい場合はこの時期に入手すると良いでしょう。

ちなみに養殖されたカンパチは味や食感が年を通して安定しているため、旬な時期というものは特に定められていないようです。

知って得する美味なカンパチ

カンパチについてあまり知らなかったという方はカンパチの生態などがお分かり頂けましたでしょうか。大型になるものは非常に大きくなるため、つい食欲が湧いてしまう魚です。養殖物であれば年を通して取引され、安定した味わいがいつでも楽しめますから、ぜひカンパチ料理にチャレンジしてみてくださいね!