2017年12月5日更新

どんこ(エゾイソアイナメ)という魚のオススメ料理。刺身や肝も美味しいぞ!

どんこ(エゾイソアイナメ)

あまり馴染みのないと感じる方が多いであろうどんこ(エゾイソアイナメ)。ずんぐりとした頭から続く身体は少々ぼってりとしており、歪な姿に見えるどんこは実は高級魚の一つです。また、刺身や肝などを使った料理は絶品とのことなので今回はそんなどんこにスポットを当てて値段や価格、旬の時期を解説します。

  1. 目次
  2. どんこ(エゾイソアイナメ)とは
  3. 良質なだしが取れるどんこ
  4. どんこの料理は何がおいしい?
  5. どんこの旬は?
  6. どんこの値段や価格のほどは?
  7. 侮るなかれ!おいしいどんこは鍋物に

どんこ(エゾイソアイナメ)とは

どんこ(エゾイソアイナメ)という魚の名前にはアイナメという文字が含まれているため、アイナメなのかと勘違いしてしまいそうになりますが、どんこはアイナメとは全く異なる魚です。一般的に周知されているアイナメの分類はカサゴの仲間ですが、どんこの分類はタラ目チゴダラ科チゴダラ属に分けられるため、タラの種類にカテゴリーされます。

どんこの生息地・生態
どんこが生息している地域は、北海道南部以南から九州の沿岸辺りに生息しており、特に多く生息している地域は東北地方です。

どんこの見た目は赤っぽいヌラヌラとした色合いをしており、全体的に鮮やかで綺麗な魚という印象です。深海魚にも見えるその姿は暗い海で遭遇したら逃げ出してしまいそうなほどの恐怖感を煽る姿をしていますが、体長は大きい個体で40cm程度までです。

どんこの頭はスマートですが続いて見える胴体はぷっくりとした可愛らしい腹をしています。尾に向かっていくにつれて徐々に細くなっていき、背びれは2基からなります。また、腹びれは糸状の形をしており、下あごには一本の短いヒゲのようなものがあるのもどんこの特徴です。

綺麗な身体を持っているどんこは腹部分に発光バクテリアが存在できる器官を持っており、外から見た際は黒い斑紋のようにも見ることができます。

そんなどんこは水深10~300m程度の海域に生息している場合が多く、甲殻類や軟体動物、多毛類などをターゲットに捕食する動物食の魚でもあります。また、水深10~300m程度の海域に生息していることが多いですが、産卵期を迎えると水深600mもの水深にまで身を泳がすと言われています。

良質なだしが取れるどんこ

どんこそのものの味わいは文句のつけようがないほどの上級な味や食感です。身は白で柔らかい歯ごたえを特徴としており、弾力が目立たないため、優しい味わいを感じることができるでしょう。

味もおいしいのですが、どんこを一度焼き、だしを取っていけば非常に旨みが出た甘めのだしが取れるので汁物としても最高です。しかもだしを取ることを目的に使えば3回程度はしっかりとした味のあるだしが取れるため、汁物のレパートリーをたくさん楽しめます。

タラの仲間ですから一般的に広く食べられている鍋物にしても相性が良く、鮮度の高いどんこであれば味も楽しめるばかりか、綺麗な身のどんこを頂くことができます。濃い旨みが特徴的などんこは味が凝縮された刺身でも鍋物などでも楽しめますが、コリコリ感など歯触りを刺激するような食感はあまり感じられません。

どんこの料理は何がおいしい?

まだまだ未知の存在であるどんこ。一体どんな料理にすればおいしく食べられるのでしょうか。1尾そのままの姿ではあまり食欲は掻き立てられませんが、料理にしてみると実はおいしい魚でもあります。

どんこ料理は絶品!

どんこも魚であることに変わりはないのでもちろん刺身で食べてもOKですが、どんこのおいしさを最大限味わいたいなら肝にこそ注目するべきです。

どんこの肝は上品でありながらも、旨みが非常に強い不思議な味があるため、一度食べたら病みつきになるという方も少なくありません。

どんこの肝を活用した料理は東北各地に伝っており、どんこの肝は寒くなる季節に鍋物にすると最高だと言われています。また、「どんこの肝ごと煮」という大胆な名前のついたこの料理はどんこの肝と味噌をすり合わせて身を似た料理であり、日本人の舌に万人受けする味となっています。どんこの身は淡白な白身をしていますが、肝に至ってはまるでカワハギのように濃厚でたっぷりとした口辺りをしているため、どんこを食べる際は肝を重点的に食してみると良いでしょう。

どんこの旬は?

どんこの旬な時期は秋から冬の寒い季節に訪れます。釣りをしている方向けに言えば年を通していつでも釣れ、しかも釣りやすい点もありますが、どんこをおいしく食べたい場合は肌寒くなってきた時期から鍋物がおいしくなる季節だと覚えておくと良いですね。

しかし、どんこは鮮度が非常に落ちやすい魚でもあります。ですが白身は水分が多めで魚の繊維が苦手という方でもスムーズに食べることができます。そのため、どんこは鮮度が落ちてくると身がボロボロと崩れてしまうため、鮮度の良し悪しも判断がつきやすい魚と言えるでしょう。どんこの身や皮にはクセというものがないため、誰にでも食べやすい魚となります。

どんこの値段や価格のほどは?

どんこの値段は約3キロほど(5~6尾)で2500円前後です。場所によっても販売されている値段は変動しますが、2000円前後の価格になると思っておくと良いでしょう。販売価格を見れば一目瞭然ですが、どんこはやはり高級魚としての枠組みに入っている様子ですね。ネット販売などでもどんこがありますので、価格を見ながら検討しましょう。

侮るなかれ!おいしいどんこは鍋物に

未知の魚、どんこについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。見た目が少々グロテスクなため、あまり馴染みのない魚ですよね。しかし、どんこの肝は一度は食べて欲しいほど絶品な味わいを持っていますから、ぜひどんこの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。